やってみよう信用取引。

株取引で一攫千金を狙う

株取引での信用取引とは、証券会社の口座に預けてある証拠金を最大で3倍にしての運用と、株価が下落している時に売りから入る事のできる空売りの二つがあります。株は購入価格が高いので資金を3倍にできる点は資金に限りがある個人投資家にとっては、とても助かります。また、短期売買での取引をメインにしているデイトレーダーにとっては空売りは、利益を生むチャンスが増えるので有り難い制度です。
信用取引には、保有期間が有限のものと無限のものがあります。有限では6ヶ月以内に決済をする必要があるので、バイ・アンド・ホールドのスタイルの投資家は信用取引が使えません。無限のものはサービスを実施している証券会社は、まだ多くありませんが証券会社を選ぶ一つの基準として考える事ができます。

FXでのハイレバレッジとの付き合い方

FXにおける信用取引はレバレッジとも呼ばれます。日本では証拠金に対して25倍の資金を運用できるので、副業として人気のある相場取引になります。FXを始めるのであれば、海外の口座もお勧めです。日本とは違いレバレッジは800倍程もあり、少ない資金で取引ができます。
ハイレバレッジで気を付ける点は、ポジションの持ちすぎです。数pipsの値動きで利益が出る可能性もありますが、大きな損失を生む恐れもあります。
レバレッジは本来、10,000通貨が最低取引金額だったために生まれたものです。ドル円であれば100万円がILOTになるため、一般投資家は資金的に参加する事が不可能でした。証券会社が一般投資家を集客するために始めたのがハイレバレッジです。