信用取引の初歩知識。

信用取引ってどんな取引なの?

経済に関する話をしたことがある人の中には、「信用取引」という言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。漠然と怖いイメージを持たれてしまい、結果誤解されてしまうことが多い信用取引ですが、ではこの信用取引とはどのようなものなのでしょうか。
雑駁に言えば、信用取引とは証券会社から株を借り、その株で売買取引を行う株取引のことです。構造的には借金と似ていますが、委託証拠金と呼ばれる資金を保証として取引が行われるため、借金のようにその後の取立てが厳しいということはあまりありません。「追証」と呼ばれる追加資金の差し入れの要求がなされることもありますが、これは信用取引に無知でよほど無理無謀な取引でもしない限りは発生しません。

信用取引をするメリットって何?

信用取引についてよく知らない人の中には、「わざわざ株を借りてまで取引する必要があるのか?」と疑問を持つ人もいます。しかし、信用取引には信用取引でしか得られない取引上のメリットが存在します。
まず信用取引では委託証拠金を原資として、(証券会社にもよりますが)その約3倍の規模の取引が行えるようになります。取引規模の拡大は利益の増額をもたらしてくれると同時に、取引に対する機動性も向上させてくれます。
さらに信用取引を行うに当たって証券会社から株を借りるということは、取引を始める前から既に株が手元にあるという状態にすることができるということです。つまり信用取引では、株を売ることから取引を始めることもできるのです。借りた株を高い時に売って、株価が値下がった時に安くで買い戻して証券会社に返却すれば、その差額分だけ利益とすることができます。